(image)  平成23年10月20日から施行された『サービス付き高齢者向け住宅』『サ高住』制度ですが、日本の高齢化対策の主流として期待されていたサ高住の全国の平均入居率は何と76.8%と低迷しているのです。 超高齢社会の切り札として期待されてもてはやされたサ高住ですが何故入居率がこれほど低迷しているのでしょうか? それは、高齢の入居者のニーズと建設会社の思い込みに大きなミスマッチがあるからです。 日本の高齢者の半数が1000万円以上の金融資産を所有している実態を伏せながら、賃料が安いだけのサ高住を作り続けた事がこの結果を招いています。 私は、これから高齢者向け住宅事業への参入を計画されている方が二度と同じ過ちを繰り返さないために、これまで全国各地で指導を行ってきた経験から、テキスト「サ高住は『収容所』ではなく、『夢のシニア住宅』を目指せ!」を編集いたしました。 このテキストでお伝えするノウハウの一部をご紹介すると、■なぜ、介護ビジネスの延長でサ高住を計画してはいけないのか?建設会社の提案に押し隠された「本当の高齢者ニーズ」とは?2015年介護保険法改正がサ高住にもたらす重大な影響この様な、これからサ高住に取り組んでいこうとされている方には見逃せない情報ばかりです。このテキスト「サ高住は『収容所』ではなく『夢のシニア住宅』を目指せ!」をご希望の方に無料で進呈いたします。お申し込み方法はカンタンです。下記の「応募フォームはこちらから」をクリックいただき必要事項を入力していただくだけです。お申し込み後、PDFデータでお送りいたしますので、すぐにテキストをご覧いただけます。
async



131土地活用ドットコム


async
アドバイザーをされたい方へ
ログインフォーム
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れてしまいましたか?
土地活用ドットコム