いつも疑問に思う事がある。それは、なんでサービス付き高齢者向け住宅は高いのか?サ高住だけではない、有料老人ホームも高い。じゃぁアパート・マンションはどうか?今は、非常に安価になっている。しかし、サ高住は高い・・・・・うちはローコストだからと謳っている建設会社さんがあるが、坪単価50万円以上もする。中には広告で坪単価40万円台からと謳いながら、実は52万円なんて言う建設会社もある。私も色々な建設会社様とお付き合いしているが、50万円以上もするのに、ローコストでしかも、実績があるのでと胸を張って言っている建設会社もある。アパート・マンションはどうか?安価な所では坪30万円台もある。(木造で)、しかし、そんな会社も高齢者住宅と言った瞬間に金額が上がる。平気な顔をして20万円以上も。とある設計士に聞いた。アパート・マンションはリーズナブルな建設費の所が多い中、サ高住になるといきなり高くなる。アパートマンションには各室にトイレ・収納・キッチン・お風呂の設備があるが、サ高住で18m2タイプだと、居室にトイレ・収納・洗面だけ。賃貸住宅と比較しても設備費が落ちるのではないか?帰ってきた答えは、設備が少なくても、1室あたりの面積が小さいので割高になる。えっ!!それだけ?だったら最低25m2で全部設備も入れた方が、安くなるのか?私は常に疑問です。じゃぁ35m2ぐらいの小さ目な1LDKにして、設備も全部入れて、アパートと同じにして、スプリンクラーとエレベーターを設置させ、食堂を併設した方が安くなるのか?私には、サ高住は慣れている建設会社も少ないから大目に利益を取ろう!!としているとしか思えない。アパート・マンションを30万台で造れるのにサ高住となった瞬間に55万円と言う金額が平気で出てくること自体意味が分からない。そして、なぜ?の疑問に仮説を立てた。アパート・マンションは競合も多く、いかに建設費を下げて、賃料を高く設定するかを研究してきている。だからコストダウンに拘っている。しかし、サ高住の場合は、そこまでやっていない。そこで、弊社では建設コスト+介護コストで考え、間取り、設備、同線、デザイン、コストに徹底的に拘り、どんな入居者を対象にするのか?コンセプトはなにか?入居者介護度はどのぐらいか?と言う所から導き出し、入居者はもちろん、介護者にとっても使いやすいサ高住をプロデュースしていきます。高齢者住宅のプロデュース・運営指導等のご相談はお気軽に!!
async




59土地活用ドットコム


async
アドバイザーをされたい方へ
ログインフォーム
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れてしまいましたか?
土地活用ドットコム