(image)  資産は長年大切に育てていくところは子と似ているかもしれません。子はやがて親から独立し、自らの家庭を築きます。資産は相続や贈与によって譲り渡されますが、子にとって突然の資産移転がプラスに働くこともあればマイナスに働くこともあります。 何もメッセージを残さず資産だけを残していく親がいますが、資産の獲得をめぐりこれまで仲の良かった兄弟が口も利かなくなることがあります。これは親として決して望むべきことではないので、譲る資産に親の思いを添えるのが良いでしょう。 子は譲り受けた資産の形をいつまでもそのままに留める必要はないでしょう。時代に応じて、必要に応じて形を変え、時には消費されることもあります。ただ消費の目的が子にとって家族にとって有効な選択であれば親は資産を譲り渡して良かったときっと喜ぶことでしょう。
async




9土地活用ドットコム


async
アドバイザーをされたい方へ
ログインフォーム
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れてしまいましたか?
土地活用ドットコム