昨年、中古のマンションを購入しました。地方都市にある築35年の古いマンションです。今まではいくらリフォームや入居付をしても将来の空室リスクを考えてしまって、購入をためらっていましたが今回は「ずばっ」と購入しました。それは、今までになかった発想がひらめき、購入への後押しになったからです。「家賃以外の収入源を確保できる賃貸」そんな新しい賃貸なら空室にも耐えられる!どういうことだと思いますか?通常の賃貸経営というのは、家賃収入に依存していて家賃が入らなければ収入がなくなり、経営が上手くいきません。事業というのはリスクを分散して、何本かの柱を持つことでリスクを軽減させるものです。売上も、1つの柱より2つ以上の柱がある方が高くなります。賃貸経営でもその発想ができないか?賃料収入に依存しない経営ができないか?2つ以上の柱をつくれないか?そう考えました。マンションには大きな屋根が空いています。そこにはお日様が降り注いでいます。影も少ないですよね。ぼくが日本各地で実践する、地面の上で事業化しているソーラー発電所を屋根の上で行う。購入したマンションの屋根なら、このビジネスが土地を借りずに実践できる。つまり地代がかからない発電ビジネスができるのです。しかも屋根の上は地面に比べて日陰リスクがなく、日射量が確保しやすいのです。「家賃収入+売電収入」両方を得られる仕組みでの事業展開なら、地方のマンションもリスクが分散され、収益力もアップできて面白いと考えたのです。「中古の収益物件×屋根活用」です。ぼくの購入したマンションの屋根には、161枚のパネルが設置されて41.86kwのソーラー発電所がドッキングされています。これは毎月平均で12万円程度の収入になります。おおよそ3室分の家賃に相当します。物件購入価格とパネルの設置価格で、初期投資額は約8,000万円。家賃収入が年間約1,000万円、ソーラーの売電収入が年間約150万円のシミュレーションです。家賃収入のみの賃貸経営であれば、利回りが12.5%でしたがソーラーを組み合わせることで14.3%になるのです。・お部屋を貸して家賃収入・屋根で売電収入空室の心配をカバーできるのです。・自分の賃貸の屋根でソーラー・青空駐車場にカーポートソーラー・自分の自宅の遊休地にソーラー遊休地を稼働させて、収益アップする方法を考えると地方の不動産も可能性が高まります。
async




async
アドバイザーをされたい方へ
ログインフォーム
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れてしまいましたか?
土地活用ドットコム