J-RECの雨宮憲之さんが書籍「空室対策のすごい技」で書かれていたデジタルフォトフレームを実際に作成してみました。 デジタルフォトフレームとは、デジカメで撮影したデータをSDカードなどに入れて差し込むと写真が再生できるというツールで、本来は家庭などで孫や風景の写真などを再生するのに使われているものだと思います。 このデジタルフォトフレームにマンションの物件写真(外観・内装・設備)などを入れ込み、PRポイントはパワーポイントで作成しJPEGの画像データとして保存します。 機器によって異なりますが、再生したい順に「110,120,130、・・・」といったファイル名を画像データに付けておくと思い通りの順番に再生が出来ます。(image)  これを仲介業者の店頭の目立つところに設置してもらいました。 設置場所は、週末などの混雑する時間帯に来店者が待っている時間に眺める場所が最適です。 今回は自分流にアレンジを入れて、画面の途中に地元にちなんだクイズを挿入してみました。 出来上がりの映像は下の画面をクリックしていただくと再生されます。 結果は大成功で、デジタルフォトフレームを店頭に設置後、2週間で入居が決まりました。 コストパフォーマンスも抜群で、1台たったの2,980円で購入できました。
async




8土地活用ドットコム


async
アドバイザーをされたい方へ
ログインフォーム
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れてしまいましたか?
土地活用ドットコム