責任というものは、

常に「自ら」とるものです

人様からとるものではありません。

 

結局は、

自分自身に返ってくるのです。

 

 

これは社長になった自分に対して

あたり前の覚悟だと思います。

 

 

ですが、課長・部長の立場でも

その役割の責任があります。

 

各々のレベルに合った

責任があるからこそ

成長できるとも思っています。

 

 

なので、

その立場から逃げてしまうということは

足元がぐらついていることと一緒です。

 

そうなると人は、

目の前にあるものが見えてこなくなり

進むべき方向が見えなくなります

 

 

さらに、

責任「が」自分だという

覚悟を持つことも大切です。

 

自分が主語ではありません

〝君の責任が、君を成長させる。″

 

 

責任「を」…

と言っている時は覚悟が低い。

 

自分ではなくそのものを主語にして

考え、行動することが重要です

 

 

覚悟を定義づけするなら

自分の心がぶれない

ということだと思っています。

 

 

自分の心がぶれないからこそ、

私は社長としての

責任がとれるのです

 

 

async





async
アドバイザーをされたい方へ
ログインフォーム
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れてしまいましたか?
土地活用ドットコム