老後に住める家がない!を書いていながら
でもどこかでまだ他人事のとこもあって
でもでもよくよく考えてみたら
まさに私にももう年齢的に余裕ないよねと

今のペースで
あとどれくらい仕事していけるんだろ
体力は年々低下していく年齢で
そうなると仕事のスタイルは
世の中の流れに合わせて
変えていかないといけないよね

そして住む場所も
私だって借りられなくなる年齢がくる
この先どうしていこうかな

老後に住める家がない!は
決して住まいに限った話ではなくて
生きる根源の住居を前提にしつつ
生き方をちゃんと考えて
自分の人生に責任を持とうね
そんなメッセージの本だと思っていて
これは自分に対しての警告でもあります


でももっと死と向き合っている人の本
大好きなティア(葬儀会社)の冨安社長が
この本良いよと薦めてくれました

う〜ん
明日は必ず来てくれるものでもなく
ましてや1年後に生きている保証もない
頭では分かっているけど
ちゃんと意識して生きているか
そう問い詰められたら自信がありません

もっと毎日を大切に生きていかなきゃ
改めて考えさせられる本でした





async




async
アドバイザーをされたい方へ
ログインフォーム
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れてしまいましたか?
土地活用ドットコム