仕事でたくさんの人と会うし

スタッフも何人も見てきたし

困ったちゃんとも会ってきた

 

うまくいっている人といってない人

その差って何なんだろう

 

でも絶対的に言えることは

人はうまくいかないときには何かのせい

それが家族だったり

特定の誰かだったり

社会だったり

国だったり

何かのせいにして怒ってる

 

でもうまくいっている人は

「・・・・・のおかげです」

自分の手柄にはしないんだよね

 

がんばっている人は応援したくなる

なんとか助けてあげたいと思う

そこで必要なのは「人としての可愛げ」

 

がんばっているけれど

人を批判したり文句言ったり

そんな人は応援もしないし

助けたいとは思えない

もちろん仕事もできたら一緒にしたくない

可愛げって媚びるのとは違って

本当に大切なんだと思う

 

どうしたら「可愛げ」を持てるのか

 

いろいろとあるだろうけどやっぱり私は

「ごめんなさい」と「ありがとう」

これがちゃんと言えることかなと思う

 

誰も助けてくれない

誰も雇ってくれない

誰も応援してくれない

 

そんな状況のときは

社会や何かのせいにするのではなくて

自分がきちんと

「ごめんなさい」と「ありがとう」を言えているか

振り返ってみるといい

お世話になった人にも

ちゃんとその後もお礼をしているか

恩を忘れていないか

 

眉間に皺を寄せて怖い顔の人より

にこにこふんわりの人の方が福がくる

私はそんな気がするなあ~

 

(image)

 

async




async
アドバイザーをされたい方へ
ログインフォーム
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れてしまいましたか?
土地活用ドットコム