ここのところ登戸とか事務次官の事件とか
本当に辛いことが多くて
でもさらにいろんな人の発言が炎上して
それを眺めていると

「愛が足りない」

ひしひしと感じる太田垣です
ちょっと数回に分けて 書いてみます


滞納の現場でも
ご家族のサポートがあればなとか
家族関係が希薄になっていることを体感します

先日週刊女性にも載ったので
もう隠す必要もないのだけれど
わたし自身実家とは全くダメでした


大正生まれの父は厳格だったので
体罰は当たり前
何かあると怒鳴りちらすで
家の中はいつもピリピリしていました
自身がエリートだったので
常に上から目線で
父のお眼鏡から外れた人は
「あの連中は」
そんな風に言われてました
父だけでなく母も
そしていちばん姉とも合いませんでした
愛という根底はあったのでしょうが
少しでも彼らの常識から外れると

「生きてちゃダメですか」

そう問いたくなるほど否定されました
だからいつも生に対して
意欲を持てなかったし
生きていて楽しくなかった
何でもかんでも
なんとか家族に認めて欲しくて
でもそれが叶わずいつも苦しかった

そんなままだから結婚にも失敗して
波乱万丈だねと言われる人生を
今まで生きてきました
(自分では波乱万丈と感じてないけど  笑)

今回の週刊女性の写真を見て
とても尊敬しているし仲の良い女性から
こんなメッセージいただきました

雑誌に載っていた昔から今の写真を見て
感動しました
人としての魅力の深まりが顔に出ていますよね
一生懸命に生きると
ご褒美がもらえるんだなあとも
かなり、羨ましいです

顔だち自体は変わっていないのだろうと思いますが
雰囲気、深み、その人らしさは明らかに違うかと
見ている人たちにも伝わると思います

もっとすごいなと思うのは
辛い経験をすると捻じ曲がっても不思議はないのに
それが全くなくて
すくすくと伸びやかで明るいというところ
やはり愛されて育ったということが
大きいのだろうとも思います
そのあたり親御さんとの関係で
どう思われるか分かりませんが

凄い褒め言葉じゃないですか(笑)?
わたしはとても嬉しかったし
これ読んで涙出ちゃったんです

それで「なぜだ⁉️」って考えたんです
       つづく





async




async
アドバイザーをされたい方へ
ログインフォーム
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れてしまいましたか?
土地活用ドットコム