⑵ゴールドエイジ(株)では、この2つの商品で『日本一』を目指したいと思います。


(1)コンクリート造の『サ高住分譲』と(2)一戸建て『シニアタウン分譲』です。

 (1)は1,000万円で買っていただいて、必要が無くなれば、700万円で買い取り致します。実質300万円の負担で年間30万円の家賃値引きですからお得ですね(要介護2以上の入居者)。
(2)は1,800万円で販売しますが、介護が必要になって転居される時は1,000万円で買い取りさせていただきます。そしてその1,000万円を使って自由に施設へご入居できます。

 ゴールドエイジはおかげさまで非上場会社では日本一の入居戸数の会社になりました(サ高住部門)。

4,300社の中で全国で第8位の会社ですが、第1位から第7位までが上場企業ですので非上場では日本一の実績となります。ですから買い取り契約を結んで確実に700万円とか1,000万円で下取りさせていただきます。

 そしてゴールドエイジでは下取りした建物を次に必要な高齢者に転売していきますので損はありません。買った高齢者も必要がなくなれば下取りで売れますから、最低限度の出費で自立、要支援、要介護まで施設を移動できるのです。そして最終に万一お亡くなりになれば、また買い取り致しますので、ご家族の皆様にお金が戻りますね。なかなか良い方法だと思います。私共と高齢者とご家族にとって『三方良し』のゴールドエイジの日本一商品とサービスをぜひご利用ください。


 (1)は2020年の年末にオープン致します。
 (2)は今現在600坪~900坪の土地を探しているところです。

日本では初めてのことですし、『日本一の商品』になると思いますのでご期待ください。


 しかしどうしてなぜ日本一になりたいのでしょうか…。その理由は、私達グループ会社は日本一になれる商品や事業やサービスしかやりませんと決めたからです。やるなら日本一、世界一になりたいという高い目標を持って仕事をすると決めてしまいました。
それはワクワク・ドキドキ、大きな目標を持って、やりがいのある楽しい仕事ができるということです。そしてゴールドエイジの入居者様やご家族様にも『日本一』『世界一』のサービスを提供できますから、喜んでいただけるんだと確信しています。


 今、日本中で老後に対する不安や心配や、特にお金のことが問題になっていますね。しかしゴールドエイジはそれを解決したいと考えているのです。

例えば、50歳や60歳の時に70歳になったら夫婦で2,000万円のお金を貯めると決めてください(退職金や預金や自宅売却資金)。そして70歳で1,800万円払ってシニアタウンに入ります。80歳で介護が必要なら下取りに出して、1,000万円のお金が戻りますから、1,000万円払ってサ高住分譲に入居します(ご夫婦お二人でも可能)。そして100歳でお亡くなりになれば、ご家族に700万円のお金が戻りますね。


 1,800万円マイナス700万円ですから、実質30年間で1,100万円で安心して老後がご夫婦で暮らせるのです。何の心配もなく、ゴールドエイジに自立も要支援も要介護も認知も看護も看取りもお任せください。毎月毎年のお支払いは、食費や家賃や介護費用全て合わせて、年金の範囲内にだいたい収まりますから安心ですね。

 そしてご家族にも大きな負担がありませんから、介護で家族崩壊もありません。

老老介護も独居老人の孤独死もありませんから、皆さんが幸せに一生涯をお暮らしいただくことができるのです。

はい、これで老後の心配はなくなりましたね。ゴールドエイジは商売とか事業だからではなくて、そんな日本の社会を作ることを目標に仕事をして、頑張っている会社なんだとご理解ください。


私達は日本一に挑戦致します。
async





async
アドバイザーをされたい方へ
ログインフォーム
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れてしまいましたか?
土地活用ドットコム