私が主催する『テキサス大家の会』はご存知でしょうか。

10月1日にホームページが開設されていますのでご覧ください。

 悲しい現実ではありますが、悲惨なテキサス『被害者の会』も発足する予定です。
私は40年以上の事業の経営の中で、だいたい全ての事件やトラブルを経験しています。手形不渡り、各種詐欺、不動産不正取引、反社会的勢力との戦い、海外での訴訟事件…その他数々(5億円の現金を盗まれたり、35億円の不正キャンセルなども体験しています)。
 しかし私は、民事事件と刑事事件で15件以上の戦いをして、一度も裁判で負けたことはありませんでした。それは当然ですね。
私は一切悪いことはしていませんし、そもそも被害者の立場ですから負けることはありません。私は裁判などの戦いでも負け知らずのプロだということです。

しかしある時に、信頼している最高に能力のある『弁護士の先生』が私に言ったのです。『久保川さん、いつも正義が勝つのではありませんよ…』。
 正義や正しい事、正しい人達が裁判では負けるのだと教えていただきました。騙そうと思って、用意周到に準備して、近づいてくる『詐欺師達』には、誰でも、だいたい騙されてしまうのだとご理解ください。そしてこの詐欺師達は必ず法律的な逃げ道を最初から準備して、詐欺をしてくるので捕まえることができません。訴訟をして裁判で勝つことがなかなかできないのですね。

 警察は基本的に『民事事件不介入』ですから、余程の証拠があって、詐欺事件だと判断しない限り刑事事件としては取り扱ってくれません。そうすると民事事件ですから裁判所での『損害賠償』の請求しかありません。そしてもう1つ難しいのが、これが日本以外のアメリカですと、もっともっと大変なのです。
 日本の裁判とは全く違うのです。例えば私の体験したハワイでの訴訟ですが、悪いやつが固定資産税を滞納した物件を私に販売しました(これは仲介した不動産業者のミスなのですが)。300万円の損害の裁判をすると5年間かかります。そして弁護士費用が3,000万円なのです。弁護士から『どうしますか(?)』と聞かれて、私は即決で『やめます』と答えましたね。

 ということでアメリカでの裁判は大変な労力と時間とお金がかかるんだとご理解ください。それを知っているので、詐欺師達は『騙される方がバカなんだ』と考えてどんどん詐欺をするのです。そして捕らえられることもできないことを知っていますから堂々と詐欺をしているのです。
 さて、負け知らずの私でも、アメリカでの訴訟は自信がありません。

ではどうすればいいのでしょうか…(?)
その答えが『テキサス不動産被害者の会』です。

(1)高額の弁護士費用も50人で分担すれば割安で戦えます。
(2)次に国際規模の優秀な一流の弁護士事務所と契約できます(既に契約しました)。

その事務所はテキサスにも東京にも事務所があり、日本語を話す日本人弁護士もいますから安心ですね。やはり英文の契約書と英語での喧嘩は私達日本人にはできないのです。
 ということで12月1日から私の戦いは始まります。しかし先に申し上げておきますがこれは『負ける戦い』なのです。まあ皆さんは負けるのにどうして戦うのか…(?)と言われるのでしょうね。しかし私は何故戦うのか。それはこれ以上被害を広めないためなんですね。既に被害に遭った私達にお金は戻りません。それは『自己責任』だから仕方がないのです。
 しかし同じ苦労をする人達を一人でも増やさないために『詐欺師達』を訴訟して公の場に引きずり出すのです。では今被害に遭った人はどうすればいいのでしょうか。それは次回のテキサス『その4』で喧嘩に強いプロの私がお話しいたしますので、ご期待ください。
async


この記事に関係するジャンル
トラブル不動産



async
アドバイザーをされたい方へ
ログインフォーム
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れてしまいましたか?
土地活用ドットコム