コロナウィルスはきっと年単位で
日本経済に大打撃を与え続けますね

そうなると必然的に
家賃滞納が増えるはずです

中には既に
「家賃を払うな」
そう声を上げている人もいます
(それは違うでしょと思いますが)

悲しいですが私の仕事もおそらく増える
ただ気持ち的に嬉しくはありません
そんな中二人の意見がありました

「風が吹けば桶屋が儲かる?
 そんな仕事(自分には)できないな」

「家主さんのためにも大変でしょうが
 がんばってください
 相手の辛さを受け止め過ぎないようにね」

どちらが正解かは分かりませんが
少なくとも後者の方に私は救われました

何度も言い続けていますが
滞納は絶対にダメです
だからこそ普段から滞納にならないために
いろいろ工夫する必要があります

でもそれをしない人たちが
まずいちばんに打撃を受けます
可哀想ではありますが
でも家主さんもボランティアではありません
家主さんが
「このタイミングだから猶予するよ」
そう思われるならいいのです
一方で「これじゃこっちが堪らない」
そう思われる家主さんも多いはず

自分ではやりたくないお仕事
世の中にはたくさんあります
それでもそのお仕事も必要なはず
そこに従事する者に対して
否定的に伝えるかそうでないか
人間としての厚みを感じるのです

悩みましたが今まで通りお仕事していきます
そして可能な限り
滞納者に寄り添っていきます
一方で家主さんも訴訟にしないために
工夫してください

今一度ご自身の賃借人を確認してください
滞納に繋がりそうかどうか
そしてご自身側でできること
精一杯やってください
来る滞納時代に備えてください

これは私からのお願いです

async




async
アドバイザーをされたい方へ
ログインフォーム
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れてしまいましたか?
土地活用ドットコム